inuyado_logo_g.png menu-home.pngmenu-home.png menu-002.pngmenu-002.png menu-003.pngmenu-003.png menu-004.pngmenu-004.png menu-005.pngmenu-005.png menu-007.pngmenu-007.png

title_m_01.png

ashi-ss-04.png予約した宿に事前に確認

  • ペットOKの施設でも色々なルールがあります。事前に確認しておきましょう。
  • 食器はできるだけ自分の食器を持参しましょう。
  • わんちゃんのご飯も飼い主さんが用意しておきます。
  • 食事のある施設でも、わんちゃんの体調を考えると普段食べ慣れているものがある方が安心です。
  • お部屋のソファやベッドの上にわんちゃんを乗せるのは禁止です。
  • わんちゃん専用の(愛用している)ベッドやマットでわんちゃんの居場所を作ってあげて下さい。
  • 大きな古シーツ等を持っていき、ベッドやソファを覆うのも、予防になります。
  • 自分たちだけが使う施設では無いことを念頭に入れておきましょう。
  • 施設にあらかじめ用意してあるものもあります。何があるか確認をしておきましょう。

ashi-ss-04.png入館の前に

  • 宿に入る前には足をきれいにしましょう。ぬれタオルなどを用意しておくと便利。
  • トイレも入館前に済ませておきましょう。
  • 環境の変化に敏感なわんちゃんは、お漏らししてしまう事もあるので注意してあげましょう。
  • ブラッシングも外でしておくのがお勧めです。
  • 抜け毛が気になる頃のわんちゃんには、洋服を一枚着せるのも良いかも。

ashi-ss-04.png客室の浴室は立ち入り禁止

  • バスルームは人間のためにあります。
  • バスタブにわんちゃんを入れたり待たせたりするのはNGです。

ashi-ss-04.png客室を出るときはリードをつける

  • 施設内の共有スペースでは、必ずリードをつけましょう。
  • いつもはおとなしいわんちゃんでも、見知らぬ場所では興奮しますし不安もいっぱいなんです。
  • 安心させてあげるためにも、まさに本来の「リード」の役割をするために、また他のわんちゃんとのトラブルを避けるために短めに持ってあげましょう。
  • 他のわんちゃんが宿泊していたら、飼い主さんと情報交換をして
  • トラブルは未然に防ぎましょう。
  • ※施設によっては、クレートに入れないと移動できない場合もあります。
  • 他のわんちゃんや、他のお客様の迷惑にならないために、フリーは絶対にやめましょう。

ashi-ss-04.png客室に置き去りにしない

  • 宿のお部屋にわんちゃんを置き去りにしないようにしましょう。
  • 慣れた場所では無いため、わんちゃんのストレスになります。
  • 客室の備品等を汚したり傷めたりしないために、
  • 一緒に行動するか連れていけない場合は「必ず誰かはそばにいる」ことをルールにしましょう。
    • ※やむを得ずわんちゃんだけがお部屋でお留守番する場合ケージなどに入れ、
    • わんちゃんが不安にならないように飼い主さんの臭いのするものや
    • 使い慣れたおもちゃ等与えて待たせるようにしましょう。
  • ※天井のある入れ物に入れるのは、お部屋の設備や備品を損傷する事故を防ぐためです。
  • 損害は、トラブルのもとですし、わんちゃんもどんな事故に遭うかわかりません。
  • ケージ等に入らない場合、お留守番させるのをやめるという考え方が必要です。

ashi-ss-04.png人間の食べ物は与えない

  • 食堂にわんちゃんが入って良い場合は、足もとにマットを敷いて待たせましょう。
  • もしもわんちゃんの食事を一緒にとってもOKな施設でも、
  • 同じ食器を使うことはもちろん人間の食べ物は絶対に与えないルールを守りましょう。

ashi-ss-04.pngトイレ以外でそそうをした時

  • トイレシートで拭き取り、ぬれた雑巾等でよく拭き取ります。
  • 最後に消臭スプレーなどをしっかりかけ、宿泊施設にちゃんと申告しましょう。

ashi-ss-04.png帰る前にしておくこと

  • 抜け毛はハンディ式の粘着テープなどできれいに取り除きます。
  • トイレシートや排泄物の後始末をし、窓を開けて空気を入れ替え、
  • 消臭スプレー等を噴霧しておくと良いでしょう。

pagetop_1.png

title_m_02.png

ashi-ss-04.png出発前のトイレとこまめな休憩

  • 車に乗ったらわんちゃんのトイレはしばらくがまん。
  • 通常より緊張も興奮もしているわんちゃん、出発前には必ずトイレを済ませましょう。
  • その後のトイレタイムも1〜2時間ごとにゆとりを持って水分の補給、休憩もとってあげましょう。

ashi-ss-04.png運転席、助手席には載せない。窓から顔を出させない。

  • ちいさな子どもでもそうですが、経験させると「良いもの」と思ってしまいます。
  • 助手席、運転席には乗せないルールを決めましょう。
  • 本来ならクレートに入れた乗車が望まれますが、最低でもリード持ってひざの上に乗せるか、
  • 後部座席に犬用のセーフティベルトを利用して安全を確保してあげて下さい。
  • 窓は開けてもかまいませんが、乗り出すことで小柄なわんちゃんはバウンドなどで飛び出す危険もあります。
  • 窓から顔を出さないこと、全開にしないこともルールにしましょう。ドアロックも忘れずに。
    • ※リードを車内の手すりにつなぐのは、急ブレーキや、わんちゃんの急激な行動で首を絞める恐れがあり、危険です。 車内で便利なクレートや、good'sが販売されています。
  • 車内の換気はこまめに行いましょう。
  • 臭いに敏感なわんちゃんのために、車内は禁煙にしましょう。
  • 車内の温度は少し低めに設定しましょう。
  • わんちゃんは暑いのが苦手。20度を目安に車内の温度を設定してあげましょう。

ashi-ss-04.png車を降りる時はリードを付けてから

  • サービスエリアやその他の駐車場では、他の車やわんちゃんもいます。
  • 急に車外に飛び出して、思わぬ事故に遭うことも・・・。
  • リードは普段より短めに持って飼い主がしっかりそばにいるようにしましょう。
  • 小型犬の場合は、安全な所まで抱いて移動する方が良いかもしれません。

ashi-ss-04.png排泄は注意深く

  • サービスエリアやパーキングエリア、宿の近く、
  • どの場合も周囲の人に不快な思いをさせないように注意して排泄場所を選びましょう。
  • 人ごみからは遠ざかること、排泄物は必ず持ち帰ることを心がけましょう。
    • ※サービスエリアによっては、ドッグランや専用のごみ箱がある所もありますが、
    • 通常のごみ箱には捨てないこころがけをしましょう。基本的には持ち帰るのがルールです。
  • うっかり施設の備品にマーキングをしてしまった時も必ず水で洗い流し、清潔に処理しましょう。

ashi-ss-04.png車にひとりで残さない。外で待たせない。

  • 車内は思ったより危険がいっぱい! クレートに入っていない場合は破損、誤飲の危険と、
  • 車内の温度が上昇し、熱中症になる危険も。
  • 不安からストレスにもなります。車内にひとりで残さず、必ず連れて出てあげましょう。
  • 「少しだけ待っててね」と、ショップの外などに待たせるのも危険。
  • イタズラ、連れ去り、他の犬とのトラブル、動揺による迷子、落ちている物の拾い食いなど、こちらも危険がいっぱい!
  • 順番にショッピングするなどして、店舗の外でひとりで待たせるのは止めましょう。

pagetop_1.png

title_m_03.png

ashi-ss-04.png規定と料金

JR・新幹線・京成・東京モノレール・・・・270円

  • JR・・・・みどりの窓口で270円手荷物切符を購入
  • その他・・窓口で270円手荷物切符を購入
  • 長さ70cm以内、最小の立方体の長さ+幅+高さ(三辺)の合計が90cm程度のケージ(クレート)に収まっていること
  • 犬とクレートの重さ10kgまで

京急・ゆりかもめ・営団地下鉄・・・・・・無料

  • ひざの上に乗る大きさのケース
  • 重量制限なし
  • 小田急・京王・東急・東武・名鉄・京阪・近鉄・京成・都営地下鉄・・・・無料
  • 長さ70cm以内、最小の立方体の長さ+幅+高さ(三辺)の合計が90cm程度のケージ(クレート)に収まっていること。
  • 犬とクレートの重さ10kgまで

ashi-ss-04.png電車内での基本ルール

1. 車内、ホームではわんちゃんの顔を出してはだめです。

  • 各社共通して、「盲導犬」「介助犬」などを除くペットの車内への持ち込みは“手回り品”の扱いとなるため、顔を出す事は禁止されています。また、「荷札」をクレートに付けなければなりません。最低のルールですので守りましょう。
  • 無駄吠えをしないように、短い距離から始めて電車移動の練習をしておくのも良いでしょう。

2. ラッシュの時間帯は避けましょう

  • 規定では、クレートのサイズの指定しかありませんが、周囲の乗客の迷惑にならないためや、
  • トラブルを避けるためにも飼い主のモラルとしてラッシュ時は避けましょう。
  • 何より、わんちゃんが一番かわいそうかも。

3. クレートは足元かひざの上以外には置かない

  • “手回り品”といっても中にいるのは大切なわんちゃん。
  • 自分がすぐに対処できる位置に置いて下さい。網棚、通路、入り口等へ置くのはいけません。

pagetop_1.png

title_m_04.png

  • 手続きから到着の受付まで「専用カウンター」で手続きすれば丁寧に説明をしてもらえます。

ashi-ss-04.png規定と料金

手続き方法

全日空(ANA)
出発当日、搭乗30分前までに「ペットらくのりサービスカウンター」にて受付
日本航空
出発当日、搭乗30分前までに「ペットとおでかけサービスカウンター」にて受付

料金

全日空(ANA)
1ケージ(1頭)毎に2,000円〜4,000円(路線により異なる)
日本航空(JAL)
1ケージ(1頭)毎に1,000円〜5,000円(路線により異なる)

規定

全日空(ANA)
必ずクレートに入れる。クレートは他の荷物を含めて3個まで。
縦61cm×横90cm×高さ66cmを超えるケージは貨物扱いになる。
クレートはレンタルも出来る(S〜LL)500円
日本航空(JAL)
必ずクレートに入れる。クレートは他の荷物を含めて3個/5kgまで。
縦56cm×横83cm×高さ67cmを超えるケージは貨物扱いになる。
クレートはレンタルも用意している(S〜XL)500円

ashi-ss-04.png飛行機に乗れないわんちゃんがいます

  • ブルドッグ、フレンチブルドッグなどの短頭犬種は、体温調節が苦手なため搭乗できない場合があります。
  • お飼いの犬種がその他の犬種でも、一度獣医さんに相談してみることと、
  • 航空会社への問い合わせもしてみるのが良いでしょう。

ashi-ss-04.pngご飯やお水、排泄は出発前に済ませましょう

  • わんちゃんは専用貨物室での移動となるため、フライト中に様子を見ることはできません。
  • 水漏れしない給水機は設置可能です。
  • 到着後は、喉がカラカラに乾いているはず。すぐに水を飲ませてあげましょう。

ashi-ss-04.pngクレートは普段使っているものを

  • 航空会社によってクレートの規定が異なるので、あらかじめ問い合わせ、確認をしましょう。
  • 基本的には使い慣れた、わんちゃんが安心するクレートを使用できるのが一番でしょう。
  • また、レンタルを使用する際も、いつも使っている臭いのする毛布など、安心できるものを入れてあげましょう。
    • ※布製のバッグはNGです。布製のバッグには安全性が無いので、コンテナ型かケージ型が良いでしょう。
    • 無い場合は、空港にレンタルもあるので、相談するのも良いでしょう。

ashi-ss-04.png飛行場内でのマナー

  • 飛行場内でわんちゃんを連れて歩ける場所でも、リードは短めにして他の利用客の迷惑にならない心配りをしましょう。
  • また、リードを長めにしていると大きな荷物の運搬や人通りの妨げになったりしてわんちゃん自身の危険にもつながります。

pagetop_1.png

title_m_05.png

ashi-ss-04.png利用条件と料金

手続き方法(代表的なもの)

新日本海フェリー
動物の搬送における確約書を提出する。インターネット、または電話で予約受付。
太平洋フェリー
港窓口にて申し込み受付。(念書などへの記入含む)

料金

新日本海フェリー
1頭毎に1,800〜3,000円(航路によって異なる)
太平洋フェリー
無料(但し、先着順受付。予約不可)
青函フェリー/伊勢湾フェリー/東京湾フェリー/佐渡汽船
無料(要予約)
オーシャン東九フェリー
1ケージ4,200円(同一のお客様複数ペット1ケージ使用可)(要予約)
東日本フェリー
2,000円(要予約)
東海汽船
航路により1,200円〜3,590円(要予約)

利用条件

新日本海フェリー
必ずクレートに入れる。
船内のペットスペースに預けること。
高さ67cm×幅57cm×奥行90cmを超えるケージに入らないペットは不可。
太平洋フェリー
必ずクレートに入れる。
船内のドッグハウスに預けること。
高さ70cm、100cm×幅60cm×奥行90cmまでのケージ、3個(3頭)まで受付。
青函フェリー
ペットの客室同伴は禁止。自家用車内での待機のみとする。
伊勢湾フェリー・佐渡汽船
キャリングケージに入れた小型ペットのみ客室、デッキへの持ち込み可。
東京湾フェリー
リードを付けて、デッキでのみ乗船可。
東日本フェリー
ペットスペースが有り、決められたサイズのクレートに入れたペットのみ可。
客室には入れない。
東海汽船
キャリングケースに入れた小型ペットのみ客室、デッキへの持ち込み可。

上記はたくさんあるフェリーの中の抜粋です。(2008/07資料)

ashi-ss-04.pngペットが乗れるか確認を

  • 乗船が可能かを確認しましょう。乗船可能なフェリー会社でも、路線やわんちゃんのサイズ、船の形式等によっては乗船が不可の場合があるので注意が必要です。
  • 手続きだけではなく、船内の規定も各社で違うため、あらかじめ確認をしましょう。

ashi-ss-04.pngこまめに様子を見にいきましょう

  • 客室への持ち込みはできませんが、ペット専用のルームまで見に行く事が可能な船もあります。
  • その場合、排泄物の処理や、水や餌の補充など、飼い主としてのマナーと世話を怠りなくしましょう。
  • 何より、不安なわんちゃんの事を考えてあげましょう。

pagetop_1.png

title_m_06.png

カフェ・レストランでの基本ルール

ashi-ss-04.png伏せの姿勢で待てるように

  • カフェ・レストランでは、足元、テーブルの下などにマットを敷き、わんちゃんの居場所を作ってあげましょう。
  • 伏せの状態で待つことが出来るようにしつけておきましょう。
  • 落ち着かないわんちゃんには、ガムやコング等のおもちゃを噛ませておくのも良いでしょう。

ashi-ss-04.png人の食べ物は与えない

  • 普段から人間の食品を与えているわんちゃんは、外で急に「ダメ」と言われても理解できません。
  • 普段から人間の食べ物を与えない躾をしましょう。

ashi-ss-04.png入店前に充分に遊ばせて満足させておく

  • 人間の都合だけを押し付けず、わんちゃんの気持ちも理解してあげたいものですね。

ashi-ss-04.png性別もちゃんと考えてあげる

  • おとこの子はマナーベルトの装着が安心です。
  • おんなの子はヒート中はカフェもちょっとがまんしましょう。

ドッグラン・公園の基本ルール

ashi-ss-04.png遊びのしつけは日頃から

  • 日常の中にしつけを取り入れ、「まて」「ふせ」「おすわり」「来い」など、
  • 基本的なしつけはマスターさせておきましょう。

ashi-ss-04.png証明書をいつも持っている

  • 公共の場や他のわんちゃんと接する場所に出かける時、またアウトドアレジャー等の時は、
  • 「狂犬病」「感染症」「伝染病」の予防接種やワクチン接種は必要です。
  • ドッグランによっては、ワクチン証明を求める所もあるようです。
  • お互いに気をつけることで危険からわんちゃんを守れます。

ashi-ss-04.pngわんちゃんだけに任せない

  • わんちゃん同士で楽しそうに遊んでいても、目を離さないで!!
  • わんちゃんは加減を知りません。
  • つい興奮が高まり、ケンカになったり、ケガのトラブルになる事も。
  • 飼い主さん同士で見守ってあげて下さい。

ashi-ss-04.pngおんなの子は注意してあげて

  • ヒート中のわんちゃんがいると、雄が興奮してトラブルのもとに。
  • ヒート中は、公共の場所を避けるのもマナーのひとつでしょう。

ashi-ss-04.pngペットを飼う人間として

  • 飼い主さんに問われるマナーは、どの場所でも同じですが、排泄に関するマナーが一番です。
  • 排泄物の処理、持ち帰り(場所によっては専用のごみ箱設置あり)をわんちゃんを飼う上での最低のマナーであると自覚しましょう。

pagetop_1.png

icone_110222162018059.png

持ちものリスト

  • 日用品
    • 迷子札(首輪につけておく)
    • リードと首輪、ハーネス
    • 普段使っているマットやシート、ケージ
    • 普段のフード、おやつ
    • 水(飲む、洗浄用)
    • 食器
    • わんちゃん愛用のおもちゃ
    • タオル、雑巾
    • ブラシ等(わんちゃん愛用)
  • トイレ関係
    • ビニール袋、小型スコップ等
    • 新聞紙(排泄物処理、汚れ防止)
    • トイレットペーパー(排泄物の処理用)
    • おしっこシート
  • 掃除関係
    • ロール型粘着テープ等
    • ソファやベッドをカバーする布
  • その他
    • かかりつけと旅先の動物病院の連絡先
    • 常備薬
    • 救急用品(包帯・ハサミ等)
    • テッシュペーパー
    • 雨具やレインコート